メインイメージ画像

会社を変わる際はどういう行動を行えば良いでしょうか?

Q.会社を変わる際はどういう行動を行えば良いでしょうか?

A.転職の場合は先を見据えて転職活動をしていかなければなりません。活動する時間的に約3カ月程の時間をとります。転職先の動きに注意しながら自身が転職する理由や動機を考え、応募するための書類等をまとめて、面接選考に向かいます。ただ、注意しておくべき事で仕事を途中で変わるという事から違った面接となりうるので違った認識を持っておいたほうが良いかもしれません。

内定がもらえたら、現在の職場の退職の手続きと新しい職場への手続きをしていくこととなります。

Q.転職先の企業がやっと決まったので、現在の会社を月末で退職予定です。出勤最終日はお菓子等を職場に差し上げたほうが良いと思いますか?

A.絶対だと言うことでは無いですが、やはりここに至るまで雇ってくださっていた会社ですから仕事場ですから最後は感謝の気持ちとしてお菓子等を持参すると周囲も嬉しいと思います。最後が肝心とも言うものですしね。

以前同僚が退職した際は、大箱に入ったクッキーを持参してくれて満足そうに会社を後にしました。こちらも気持ち良く見送ることが出来ました。何より大事なのは退職するあなたの気持ちなのです。

Q.転職をすることによって得られる利点はどんなものがありますか?

A.ずっと同じ職場で働くと、専門としている業務内容の能力は上がりますが、一方で別の経験をして自分の見解を広げて成長していくということは困難になる可能性が生じます。

転勤などの機会はあるでしょうが、考えていた人生設計と違うという場合もあるでしょう。転職活動をして希望の仕事を探せば、自分の思い描いたキャリアプランに沿った業務内容を経験することができるという利点があります。自分の現状を変えて、さらに成長していくための選択として、転職をするということは効果的なものです。

更新情報